【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

枕が合っていないことが、あなたの不眠の原因かも!?

不眠症の原因を考えた時に、見落とされがちなのは枕が合っていないということです。枕が合っていないことが原因で、寝付きが悪かったり、夜中に目を覚ましたり、熟睡できないというのは珍しいことではありません。

ここで、あなたの枕が合っているかどうか、確かめてみましょう。

当てはまるものがあれば、あなたの枕は合っていないかも!?

Photo by Jaymantri on Pexels.com
  • 夜中や朝に目を覚ました時に、枕を使っていないことが多い
  • 朝起きた時に肩凝り、首凝り、腰痛などがあり、時間が経つと痛みがなくなる
  • いびつな形の枕で、寝返りが打ちづらい
  • ふかふかで柔らかい枕を使っている

当てはまるものがあった方は要注意です。それでは、それぞれの項目に関して簡単に解説します。

夜中や朝に目を覚ました時に、枕を使っていないことが多い

枕が合わないと、寝ている間に枕をどけて、うつ伏せで寝てみたり、腕枕をして寝ることが多くなります。つまり、枕を使っていない場合、枕が合っていない可能性が高いのです。

朝起きた時に肩凝り、首凝り、腰痛などがあり、時間が経つと痛みがなくなる

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

起床してから時間が経つと痛みがなくなるということは、寝ている時の姿勢が不自然で、体に負担がかかっているということです。その場合、枕が原因であるケースが多いです。

いびつな形の枕で、寝返りが打ちづらい

独特な形をした枕は多く見かけますが、寝返りが打ちにくいような形の枕は不眠の原因となります。良い睡眠を取る上で寝返りはとても重要な要素です。寝返りがうまく打てていないと、深夜に目を覚ましたり、朝起きた時に疲れが取れなかったりすることが多いのです。

ただし、寝返りを打ちやすくするために、あえて形をいびつにしているの枕であればオッケーです。

ふかふかで柔らかい枕を使っている

柔らかすぎる枕は頭をしっかりと支えてくれないことがあります。寝ている時には首を楽な角度で保つことで、心身を深くリラックスさせることができます。頭が沈み込むような柔らかい枕は、首の角度をきちんとキープできない場合があります。

それでは、以上を踏まえてどのような枕を使えば快眠できるのか、説明します。

快眠できる枕を選ぶための3つのポイント

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

高さ

枕の高さは、横向きで寝た時に、頭の中心から体の中心にかけて、一本の線が引けるような高さです。枕が低い場合は、枕の下にタオルを敷くことで高さを調整出来ます。

硬さ

柔らかすぎる枕は頭をしっかりと支えてくれなかったり、寝返りがしにくかったりするのでなるべく避けましょう。普通~やや固めの範囲で選ぶと良いですよ。

素材

プラスチック、ビーズ、低反発ウレタン、そばがら、ひのきなどがいいと思います。綿や羽毛を使った枕は、柔らかすぎることがあります。

これらの情報を参考に、頭をしっかりと支えてくれて、寝返りが打ちやすい枕を探してみて下さい。

ここでは、不眠症の原因の1つとして、枕が合わない可能性について説明しました。枕を変えただけで、驚くほど不眠が改善したというのはよくある話です。眠れない方は枕を変えることを検討してみて下さい。