【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

夕食の時間が遅いと、熟睡できない可能性が!

仕事で帰りが遅かったりして、夕食の時間が遅くなる方は多いと思います。ですが、夜遅くに食事をすることが原因で、寝付きが悪くなったり、睡眠の質が低下している可能性があるのです。

『夕食の時間と就寝時間の間隔が4時間以内』という方は、食事の時間が原因で不眠になっている可能性があるので、ぜひこの記事を読んで下さい。

夕食の時間が遅いと、熟睡できなくなるのはどうして??

Photo by Nicole Michalou on Pexels.com

夕食の時間が遅く、消化が終わっていないのに眠ってしまうと、睡眠には悪い影響を与えることになります。その理由として、体の疲れがとれにくいことと、体温が下がりにくいことの2点を説明します。

消化が終わっていないで眠ると、疲れがとれにくい!

就寝時に食べ物の消化が終わっていない場合、寝ている間にも小腸が消化活動をすることになります。そうすると、本来は疲労回復のために使われるエネルギーが消化に使われてしまうため、体の疲れが取れにくくなってしまうのです。

睡眠中に体の疲労が十分に回復されないと、朝起きた時に疲れやだるさがあり、熟睡感も得にくいものです。ですので、就寝時に消化が終わっていないと、熟睡しにくくなってしまうのですね。

消化が終わっていないと、深部体温が高いまま!

小腸が消化活動を行なっている時には、体の深い部分の体温が上がっています。ですが実は、睡眠にとって重要なことは、体の深い部分の体温が下がっていることなのです。

ですので、消化が終わっていないことで深部体温が高いままだと、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなりやすいのですね。実際に深部体温が高いままだと睡眠の質が低下するという研究があるので要注意です。

夕食が遅くなる時には、食事のメニューを工夫しよう!

Photo by Ksenia Chernaya on Pexels.com

普段から夕食の時間が9時以降だったりすると、就寝時に消化が終わっていない可能性が高く、それが不眠の原因になっているかもしれません。その場合、夕食の時間を早くすることが大切です。

とは言え、仕事で帰りが遅い方などは、遅い時間に夕食を取らざるをえない場合もありますよね。そこで、遅い時間に夕食を取る場合の、食事のメニューの注意点を紹介します。

①加熱されたものを食べよう

基本的に、加熱されていない食べ物よりも、加熱されている食べ物の方が消化は良くなります。例えば、野菜は生野菜として食べるよりも、野菜スープにして食べるほうが消化は良くなります。

夕食に食べるものに加熱していないものがある場合、加熱調理ができないか考えてみましょう。

②脂肪が多いもの・脂っこいものは避けよう

脂肪が多い食べ物や、脂っこい食べ物は消化に時間がかかります。肉や魚はあまり消化に良くはありませんが、脂身の少ない肉や、白身魚を中心に食べると良いですね。

また、遅い時間に揚げ物を食べることはなるべく避けましょう。

③温かい料理を食べよう

温かい料理を食べると、小腸の温度が高くなるので、消化活動が活発になります。その結果、消化が終わるまでの時間が短くなります。ですので、冷たい食事ではなく、温かい食事を摂るようにすると良いですね。

うどん、おかゆ、鍋料理などはとても良いメニューです。

まとめ

以上、遅い時間に夕食を食べると不眠になる理由と、夕食の時間が遅くなる場合の注意点を説明しました。遅い時間の夕食が習慣になっている方は、ぜひ食事のメニューを見直してみてください。