【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

ナルコレプシーを克服するにはどうすればいい?

ナルコレプシーは、日中に突然眠り込んでしまったり、急に全身の力が抜けてしまったりするので、きちんと治療をしないと、日常生活が難しくなる場合もあります。

ここでは、ナルコレプシーの診断方法や原因、治療方法にはどのようなものがあるかを説明しています。

ナルコレプシーはどうやって診断するの?

ナルコレプシーは若い人に多く、多くの場合30歳くらいまでに発症します。割合としては、だいたい1000人に1人くらいの人がナルコレプシーを発症していると言われていますので、国内には12万人ほどの患者さんがいると考えられます。

ナルコレプシーの診断方法ですが、突然眠り込んでしまう症状に加えて、全身の力が抜けるカタプレキシー、入眠時の幻覚、金縛りのような症状が見られると、ナルコレプシーである可能性が高くなります。

きちんとした診断は睡眠外来などで受けることが可能です。ナルコレプシーの方は、入眠後にレム睡眠が訪れるまでの時間が短いなどの特徴があるため、睡眠中の脳波を測定することで、ナルコレプシーの判断が可能です。

ナルコレプシーは何が原因で発症するの?

実は、ナルコレプシーの原因はまだはっきりとはわかっていません。1つ確実に言えることは、遺伝が関係してることです。家族にナルコレプシーの患者さんがいる場合、ナルコレプシーの発症リスクが高まります。

ただし、だいたいは30歳くらいまでに発症する病気なので、30歳を過ぎても発症していない場合は、さほど心配はいらないと思います。

また、最近ではナルコレプシーの患者さんには、覚醒をサポートしている脳内物質が不足していることが明らかになっています。今後解明が進めば、有効な治療薬が誕生する可能性もあります。

ナルコレプシーの治療方法はどんなものがあるの?

残念なことに、現時点ではナルコレプシーを根本か治療する方法はありません。ですので、ナルコレプシーの患者さんは、生活習慣を工夫したり、薬を飲みながらナルコレプシーと付き合っていきます。

規則正しい生活習慣を心がける

ナルコレプシーの発作を抑えるためには、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

就寝時間と起床時間を一定にすることや、お酒やタバコを控えることなどで、症状が和らぐケースもあるようです。

また、昼寝の時間を積極的に取り入れることで、突然の眠りを防ぎやすくなります。

薬を使って症状を予防する

ナルコレプシーは薬を服用することで、ある程度予防することも可能です。覚醒を促進するための興奮薬だったり、幻覚を予防するための抗うつ薬などを服用します。

年をとると症状が改善されることも

ナルコレプシーは年をとると症状が改善されるケースもあるようです。

以上、ナルコレプシーの治療方法について説明しました。

ナルコレプシーは大変な病気ではありますが、多くの人は薬などを服用しながら、日常生活をきちんと遅れています。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。