【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

ストレス解消には運動が一番!~心地よく熟睡できる~

運動をすると気分が晴れ晴れとすることは、誰もが経験から知っていることですよね。やっぱり、ストレスが溜まっていたり、不安や苛立ちを感じたときは、運動をするのが一番です。

実際に私の友人も、軽いうつ状態で悩んでいたのですが、早朝に1時間くらい歩いてみたら、嘘のように心が晴れ晴れして、悩みが吹き飛んでしまったそうです。

私自身も、落ち込んでいるときに運動をすると、なんで落ち込んでいたのかわからないくらいスッキリすることも多いです。

ですので、時間があるなら、あれこれ考えるよりも運動をすることをオススメします。

ストレスが解消できて、心地よく熟睡できるようになるはずですよ。

特に不眠症の方は、眠れない事自体がストレスになってしまい余計眠れなくなるという悪循環に陥りやすいので、ぜひ運動でストレスを発散してもらえたらと思います。

運動でストレスを解消すると熟睡できる

運動をすることで、睡眠中に成長ホルモンが分泌される

運動をするとほどよく体が疲れて、夜深い眠りにつきやすくなります。これは、体が疲れるということもあるのですが、運動をすることで、睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されることが理由です。

成長ホルモンは傷ついた細胞を修復して、疲れをとる働きがあるホルモンです。運動をすると睡眠時に成長ホルモンが多く分泌されるので、朝起きた時に疲れがとれていることが実感できるんですね。

朝起きても疲れがとれない、熟睡できている気がしない、という不眠の症状で悩む人が多いですが、成長ホルモンがきちんと分泌されれば、疲れが残りにくくなります。

運動をすることで、βエンドルフィンが分泌される

また、運動をするとβエンドルフィンなどのホルモンが分泌されることもわかっています。

エンドルフィンは脳内麻薬とも呼ばれるホルモンで、このホルモンが脳内で分泌されると、幸福感を感じることができます。

運動をしている最中や運動後に晴れやかな気分になるのは、こうした快楽物質が関係しているんですね。

幸福感を感じると、体がリラックスするので、夜も眠りやすくなります。

熟睡するためには、リラックスした状態でベッドに入ることが非常に大切ですからね。

熟睡するためのおすすめの運動方法

同じリズムの運動を行う

運動をする際のポイントは、同じリズムの運動を続けることです。

例えば、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどですね。

なぜ同じリズムがいいのかというと、同じリズムの運動を続けることでセロトニンという物質が分泌されやすくなると言われているからです。セロトニンは気持ちを前向きにしたり、精神を安定させる効果があり、晴れ晴れとした気分をもたらします。

これが、不眠の人が熟睡するために役立つわけですね。

軽い運動を継続的に行う

ストレス解消のために運動をする場合、筋トレやスポーツなどの激しい運動をたまにやるよりも、ウォーキングなどの軽い運動を継続するほうが大切です。

実験からも、激しい運動をたまにするよりも、軽い運動を継続するほうが、ストレス解消効果が高いとか、うつ病が改善する効果が高いという結果が出ているので、熟睡しやすくなります。

ですので、自分が継続できる運動を選ぶようにしましょう。

継続といっても毎日運動をしなくても大丈夫です。週に3日くらいでもいいので、継続することを意識してみてください。

長い期間継続できれば、ストレスが溜まりにくくなり、熟睡しやすくなると思います。

夜に激しい運動は控える

筋トレやランニング、スポーツなどの激しい運動を行う場合、夜の時間は避けたほうが無難です。

夜に呼吸が乱れるほどの激しい運動をすると、体が興奮してしまい就寝時にリラックスしにくくなるので、熟睡の妨げになります。

これが不眠症の原因にもなりますので、激しい運動の場合は夕方までに終わらせましょう。

ウォーキングなどの軽い運動の場合、好きな時間にやって大丈夫です。

ただ、軽い運動の場合は、夜に運動をすると体温が上がって心地よく眠りにつけることもあるので、意識してもいいと思います。

以上、ストレスを解消して熟睡するための、運動のポイントを紹介しました。

運動のストレス解消効果は科学的にも明らかですので、ぜひ継続して続けてみてください。

不眠症の方は特に継続した運動をすることが、熟睡につながります。

コメントを残す