【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

20分の昼寝でフルチャージ!NASAも認めたパワーナップとは?

昼寝をすることで仕事効率が上がるという事はよく耳にします。キチンと昼寝を入れることでなんと8時間もスタミナが持続するという研究結果もでています。どの程度寝れば一番いいのかをまとめてみたいと思います。

パワーナップとは?

Photo by Kampus Production on Pexels.com

アメリカの社会心理学者、ジェームス・マースが提唱する睡眠法。
15~20分の仮眠を取ると、その後の作業効率が上がるそうです。

驚きの効果

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com
  • NASAの研究でパワーナップをすれば認知能力が40%増加すると発表
  • 20分の昼寝で、朝20分寝るより8時間ぶんのスタミナがでる
  • 心臓疾患にかかるリスクが37%も減少

今までに心臓疾患を患ったことのないギリシャ人23,681名を対象に調査した結果で出ています。

昼寝を開始するベストなタイミング

Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com
  • 昼食後、午後2時~3時は脳の活性が低下し、眠くなる

この付近の時間を狙って行えば、効率良く作業ができるようになります。

  • 午後10時に就寝、午前6時に起床するタイプ
    →『午後1時か午後1時半』から昼寝をするのがベスト
  • 午前1時就寝、午前8時に起床するタイプ
    →『午後2時半か午後3時』から昼寝をするのがベスト

時間を守ってしっかり仮眠

仮眠は睡眠とは違うので完全に寝なくてもOK

パワーナップはあくまで仮眠なので熟睡する必要はありません。

昼寝の直前にコーヒーなどカフェインを摂取する

カフェインは体に吸収されるまでには時間がかかるので、直前に飲むことで目覚めがスッキリします。

ピッタリ20分で起きる

それ以上は起こされたとき、逆に疲れを感じて効率が大幅にダウンするので注意しましょう。
タイマーなどをセットしきっちり20分で起きましょう。

起きたらすぐに屈伸や腕立てをして、体を動かして体を覚醒させる

海外、日本でも続々導入

Photo by Pixabay on Pexels.com

アメリカ海兵隊はパトロール前には必ず「パワーナップ」が義務、エンジニアを抱える企業では仮眠専用ポットを設けているところもある

アメリカの30%の会社が仕事の能率を上げる為に、仕事中のパワーナップを承認しているそうです。

日本でも、住宅リフォームの会社が導入して効果を上げている

『オクタ』という会社で導入され、社員からは「スッキリする」と好評なんだそうです。

コメントを残す