【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

アロマで不眠症を解消!安眠できるアロマ選びと使い方

アロマが快眠に効果があることは有名ですよね。

リラックス効果のあるアロマを使えば、気持ちが落ち着いて寝付きが良くなります。

また、アロマの香りは眠っているときにも効果を発揮します。

眠っている間も脳は香りを感じ取るので、眠りが深くなり、熟睡しやすくなります。

アロマの効果は寝付きがよくなることだけではなく、深い睡眠を得る効果もあるんですね。

アロマには入眠儀式としての意味も!

さらに、アロマは入眠儀式としても意味があります。

眠る前にストレッチをする、快眠音楽を聞くといったことも入眠儀式として意味がありますし、アロマも手軽にできる入眠儀式の1つになりますね。

アロマをうまく活用すれば、不眠症の方でも安眠できるようになるかもしれません。

ぜひ好みのアロマを見つけて、不眠を解消しましょう。

不眠解消!安眠のためのアロマの使い方

アロマはティッシュなどに染み込ませればオッケー

アロマを使うときには、アロマポッドやアロマライト、アロマキャンドルが必要というイメージが強いかもしれません。ですが、これらはあまり睡眠中に使うには適していません。

それは、火をつけたまま眠るのは良くないからです。アロマライトやアロマキャンドルを使うのは、起きている時の方が良いですね。火を使わないスイッチ式のアロマライトなどは別ですが・・・。

アロマの香りを楽しむには、アロマポッドなどを使ったほうが本格的でいいかもしれませんが、ティッシュやハンカチに精油を垂らすだけで十分だったりします。眠るときに、アロマの精油をティッシュやハンカチ、コットンに数滴垂らして、枕元に置いておくと、香りが広がって安眠しやすくなりますよ。

アロマバスで安眠効果を高める

アロマは寝室だけでなく、お風呂でも使えます。

アロマの精油を湯船に数滴垂らすだけで、アロマの香りが広がって入浴中にとてもリラックスすることができます。

安眠に効果的な入浴方法は、就寝時間の1時間ほど前に、38度位のぬるま湯にゆっくりと浸かることです。ぬるま湯であれば、体をリラックスさせる働きがある副交感神経が活発になるので、心が落ち着きます。

そこにリラックス効果のあるアロマの香りが加われば、さらに体がリラックスできますね。

お風呂から上がって少ししてベッドに入ると、良い感じに上がった体温が下がり始めるので、寝付きがよくなります。さらに体はリラックスした状態なので、安眠できる可能性が高いですね。

ぜひアロマバスも試してみてください。

不眠解消におすすめの、安眠できるアロマはこれ!

ラベンダー

不眠に効果があるアロマというと、ラベンダーが非常に有名です。

ラベンダーは脳の興奮を鎮めて、心と体を落ち着かせる効果が認められています。

さらに、いくつかの研究では、ラベンダーの香りを感じながら眠ると、深い睡眠が増えるという結果が出ています。

ラベンダーの安眠効果は広く認められていて、病院でも使われることが多いくらいなので、安心して使ってください。

カモミール

カモミールもよく眠れる香りとして有名です。

神経の興奮を抑えて、リラックスする効果が高いので、安眠しやすいようです。

他にも、ローズマリー、スイートオレンジ、サンダルウッドなども快眠効果が高い香りと言われています。

ラベンダーやカモミールはオススメですが、自分の好みの香りの方がより心地よく眠れる可能性がありますので、好みの香りを探してみるのもいいですね。

アロマ選びの注意点

アロマ選びの注意点として、できるだけ100%天然のアロマを選ぶようにしましょう。

安いものだと、化学成分が含まれていることがあるようです。

また、アロマは妊娠中には使用しないほうが良い物が多いです。

中には妊娠中に使っても問題ないアロマもあるかもしれませんが、妊娠中はアロマは控えるほうが無難です。

ここでは、安眠のためのアロマの効果やおすすめのアロマを紹介しました。

眠るときにリラックスできる自分なりの手段が何か1つあると、安心して眠りにつけます。その手段の1つとして、アロマを試してみるのもいいと思いますよ。

4 COMMENTS

コメントを残す