【2021年】ナイトルーティン人気グッズBEST20

「思い込みが肝心!?」ぐっすり眠るための効果的で簡単な7つの方法

眠りに就きたいのにすぐに寝付けなくて困ったことはありませんか?

そんなときにおすすめの方法を紹介します。

寝る前の行動が睡眠を左右する

寝る前の行動は、睡眠の質を左右します。自分に合う就寝前の過ごし方を見つけることが、良い睡眠の第一歩です。

一体どうすれば、ぐっすり眠れるようになるのでしょうか。良い睡眠のためのヒントを、いくつかご紹介します。

1. 意識して体を動かす

日中に体を動かせばエネルギーを消費し、眠りやすくなります。運動と組み合わせれば、さらに効果が期待できます

忙しくても、お風呂上りにストレッチをしてみたり、仕事帰りにすこし長く歩いてみましょう

2. 寝る時間を増やす

平均的な睡眠時間は7時間から9時間です。これより少ない睡眠時間だと、日中の生産性に悪影響を及ぼします

睡眠時間が短いよりは長い方がよいとされています。活発な人は睡眠時間を増やしましょう

3. お風呂は寝る1時間前までに

入浴はぐっすり眠るために効果があるといわれますが、お風呂からあがった直後は体温が高く、交感神経もすっきり覚醒状態になってしまいます

徐々に体温がさがってくると興奮がおさまり眠気がやってくるので、少なくとも寝ようと思っている1時間前にはあがるようにしましょう

4. 就寝1時間前からは頭を使わない

勉強や仕事、考え事など、頭を使う活動はあなたの脳に強い刺激となり脳を覚醒させてしまいます

最低でも就寝1時間前からは、頭を使う活動は完全に終わりとケジメをつけ、次の日の充実した活動に向けて休息をとる準備をするようにしましょう

5. 照明を工夫する

やわらかい光にすると、気持ちが落ち着きリラックス効果を促します

キャンドルの灯りは、温かく、ゆらゆらとゆれる炎を見ているとなんだか眠くなってきますので、オススメします。あやまって、火事にならないよう、火の後始末はしっかりと行ってください

6. 週末に寝溜めしても問題ない、と考える

平日に十分な睡眠時間を確保できず、疲労が溜まりがちであれば、休日に疲れを取りのぞきましょう

きっと睡眠スケジュールが完璧な人など存在しないでしょう。時にはのんびり眠る日も必要です

7. 体が恐ろしく疲れ切っているかのように想像する

体が疲れ切っている状態を頭で思い描くのです。どうやったら眠れるだろうかとか、明日のこととかを考えてはいけません

「眠りに落ちる」という表現をしますが、これこそが「落ちる」という言葉が使われている理由だと思います。落ちるイメージを抱くことで、頭と体をつなげ、眠気という衝動を起きやすくするのです

良い睡眠は明日への活力

質の良い睡眠をとることで、活動的になり、集中力も高まります。仕事や勉強の質もアップします。

毎日、しっかりと睡眠をとり、明日への活力を養いましょう。

▼ 参考サイト

http://www.lifehacker.jp/2013/08/130826fall_sleep.html

眠りたいのにすぐに寝付けなくて困ったことはありませんか? そんなときにおすすめのちょっとした心理ハックを紹介しましょう。

睡眠の質は、短時間でもスッキリしたり、ぐっすり寝ても疲れが取れなかったりという影響を与えます:日頃の寝不足を休日に寝だめで解消しようとするのは、体内リズムを狂わせてしまうキケンな方法なので、快適に過ごすために質のよい睡眠をとる方法を紹介。

寝る前の行動は、睡眠の質を左右します。原文著者によると、「自分に合う就寝前の過ごし方」を見つけることが第一のステップなのだそう。朝の過ごし方(英文)とは違い、自分に合ったものを組み合わせて実行できます。

寝れない夜は誰にでも訪れます。寝れないときは、不安になる必要はなく、寝つくために必要なことを一つ一つ実行することが大切です。

コメントを残す